スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アヤカシ子」 1

 終業式の日は、午前中で学校はおしまい。燦燦と日が照る午後からは、夏休み。
「暑ぅい!」
 トキホの町の路地をたどりながら、イズナは青空に向かって袋をかぶせたままの木刀を突き出してみる。
「暑いねぇ」
 ナズナがにこにこした。
「剣道、いつから?」
「うん、明日からなんだ」
「そっかぁ。イズナ、大変だねぇ」
「勉強よりいいけど」
 姉に同情されたのがこそばゆくて、イズナはついそんな言い方をしてしまう。本当は剣道は好きで、朝練も夕練も辛いとは思わない。暑い日中はお休みなのだし。
 ばたばた、っと、足音がして。
「やーい、アヤカシっ子!」
 男の子の声に、イズナは袋ごと木刀を構えかけた。
「イズナ……」
 ナズナの手指が、木刀を握ったイズナの手首に、からんで止めた。
 ナズナに制止されるまでもなく。その声がヒワダと見て、イズナはすでに戦意を失っている。ヒワダは、幼い妹を背中に背負ったまま、二人の傍らをばたばたと駆け過ぎた。まだ学校に上がってない妹のミユは、おそらく、今日が終業式だというので、校門のところまで迎えに来ていたのだろう。
 その背中を見送って。
「イズナ。ごめんね」
 ぽつりとナズナが呟いた。
「お姉ちゃんが悪いわけじゃないもん」
 ナズナには、不思議な力があった。小動物の病気などを治すことができる。だから、アヤカシっ子と言われる。そして姉をかばうイズナも、まとめてその名で呼ばれていた。

 家に帰って、一緒に暮らす祖父母と昼食を食べて。
 何をして遊ぼう、と、イズナが庭に出かけたところで、ナズナが、
「マツカゼ浜まで行ってみようか?」
と声をかけてきた。
「いいのっ?、おねえちゃん!」
「昨日、満月だったから。今日はいい頃あいだと思う……」
 マツカゼ浜は、小さな山を一つ越えたところにある。満月と新月の前後数日、暑さの厳しい午後頃に、子供が遊ぶにはちょうどいい深さになる。
 ただ。幼いころに両親を亡くし、祖父母と暮らすナズナとイズナは、老いた二人に山を越えて遊びに連れていって欲しいとねだるのがはばかられて。年に1度、行くか行かないかだ。でも、もう、小学の4年と6年ともなれば、二人で行っても構わないだろう、と、祖父母に確かめもせずに勝手に決める。
 胸をドキドキさせながら、二人分の水着とタオルを、箪笥からそっと持ち出した。

 家から遠くない磯は、波が荒く、岸からすぐ深くなっていて、泳げるようになるまではそこで遊んではいけないと言われていた。イズナは去年、もうちょっとで泳げるところまでいき、今年はぜひにもまっとうに泳げるようになって、祖父母の許可をとりつけたいところなのだ。
 イズナは、小づかい銭を、畑のわきの無人店の箱に入れて。小ぶりなスイカを一つ、抱える。
「重たいよぅ?、山、越えるのに」
 ナズナの頬には、戸惑いの色があった。
「重くない!」
 イズナはスイカを片脇に抱え、水着やタオル、花火をいれた袋と木刀は逆の肩に担いだ。木刀は、鞘と袋は置いてきた。以前に祖母に拵えてもらったものだが、今日はスイカ割の棒がわりだ。
 急な坂を汗みずくで登り、峠にさしかかる。眼下には小さな湾の輪郭が見てとれる。小さな湾の中に潮の流れが運んできた肌理の細かい白い砂がしきつめられていて、遠めに白いレエスのようだ。浜にはすでに点々と、子供の遊ぶ姿が見えている。
 もう一刻も早く、あれに混じりたい、と、気がせくが。イズナは、ふと姉を振り向いて、自分を抑えた。剣道で鍛えたイズナは元気いっぱいでも、もともと身体の強くないナズナは、息を切らして苦しげだ。
 イズナは、両手をいっぱいに広げた。風、こい。いい風、こい。願いをこめて念じる。イズナの心の声が聞こえたように、風が吹いた。
「うん、いい気持ち……。あとは、下り!」
 自分を元気づけるようにナズナがいう。
「帰りがあるけど」
 ぼそり、と、イズナは答えてしまってから、ちょっと反省する。姉は、泳ぎを憶えたいイズナにつきあって来てくれたのだから。
「誰かがスイカをくれたら、帰りの元気はでるよ」
 にこにことナズナが笑う。
「じゃあ、ちょっとだけ上げようかな」
 もとより姉のために買ってきたスイカを、よいしょ、と、抱えなおして、イズナは笑う。
「ちょっとかあ。ケチだなあ」
 ナズナが、膨れて見せた。
Comment Please!
  ※コメントタイトルでネタバレしないでください。
  ※コメント本文ネタバレ可。
Secre

TOP

Comments for this article...

COMMENT
TOP

What's New (Comments)



















































COMMENT
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。