スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「風霊の祭り」1

 精霊(ア=セク)が棲まう、アスワードと呼ばれる世界。この世界にも、この空域あたりには四季がある。いまは夏。
 風霊(ウィデク)センティスが、 空に小さな紋章が閃いたのを見つけたのは、幼い娘シェーヌを連れて、風を楽しんでいたときだった。三百年に一度の大祭祀、近接(タゲント)の折のような華麗なものではない。風霊(ウィデク)だけを呼ぶ、ささやかなものである。
「あれは、なに?」
 銀艶をもつ淡茶の髪をふわと揺らし、少女の姿のシェーヌが、センティスを振り仰いだ。シェーヌが好んで身につける白く柔らかなドレスも髪に合わせてなびく。
「風の祭、だそうだ」
 センティスは、紋章を読み取り、シェーヌに教え、
「いってみるか?」
 ためらいながら、言葉を足した。シェーヌは生後十八年ほど。精霊(ア=セク)の生後十八年は、人間のそれとは異なる。自分の周囲に対する知識は十八年分あるが、物事を深く考える根気や、己の感情を律する力は人間の幼児なみ。通常であれば触角や蹴爪を備えた幼形である。それが大人の精霊(ア=セク)のように少女の姿をとれるということは、シェーヌの霊力(フィグ)が常より大きいことを示す。
「どこに?」
「もう少し、南だそうだ」
 どの空域だかは、紋章に示されている。
「ぴょん、て、行く?」
 小首をかしげて尋ねる仕草は、本来の年齢にはふさわしいが。少女の姿形にはいささか不似合いなほど、幼い。
「ああ、遠翔(テレフ)でな」
 センティスはふわりと近づくと、幼い娘の首に遠翔(テレフ)霊術具(フィガウ)をかけてやる。娘はキラキラと笑い、センティスの胸がかすかに痛んだ。センティスは現王の従兄弟という血筋だが、生まれつき霊力(フィグ)には恵まれなかった。なんの因果か、娘シェーヌは先祖返り的に霊力(フィグ)が強い。普通の精霊なら、子供には霊術具(フィガウ)は使わず、ただ手を引いて飛ぶ。シェーヌの霊力(フィグ)は暴走しがちで、下手に体に触れると、思考を勝手に読んだりする。いつも、ではないが、きまぐれというか、まだらにそんなことが起きるのだ。だから手を触れずに済む、霊術具(フィガウ)を使う。
「ほら翔ぶぞー」
 声をかけてやると、シェーヌがこくりと頷く。揺れる髪、揺れる服。精霊(ア=セク)は自分の望む姿に成長する。シェーヌの髪の色も、好む服の色も、父に似ていた。ひたむきに父を慕ってくれる娘であることを、センティスは正しく理解している、のだが。
「ぴょーん!」
 シェーヌは、声に出して。父の力を感じると同時に自分も「跳ねた」。
Comment Please!
  ※コメントタイトルでネタバレしないでください。
  ※コメント本文ネタバレ可。
Secre

TOP

Comments for this article...

COMMENT
TOP

What's New (Comments)



















































COMMENT
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。