スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「風霊の祭り」3

 圧迫感が消えると、父が、目の前に、いた。シェーヌを連れに来てくれた風霊(ウィデク)を見て、驚いたように頭を下げる。シェーヌは、男に背を押されて、するりと空を滑り、父に寄り添った。風霊(ウィデク)の男は、振り向きもせずに、空にそびえる入道雲のほうへ、飛び去って行く。
「あれ、誰? 父上のこと、知ってた」
「オーリン王だ。……名乗らなかったのか?」
 センティスが苦笑する。祭りの場に着いて、シェーヌが霊力(フィグ)の暴走でどこかに跳ね飛ばされてしまったのに気づいた。センティスの霊力(フィグ)では居場所を追いきれないほどに遠かった。困りきっているところに、オーリンに「今日は一人か」と声をかけられた。「娘のシェーヌとはぐれまして」と答えたとたん、オーリンの姿は、遠翔(テレフ)の気配と共に、掻き消えて。連れて来てくれたと思ったら、説明も挨拶もなく、祭りの中心へと戻って行ってしまった。
「王子のころは、もうちょっと、愛想が良かったんだがなぁ」
 センティスにしてみれば、昔はともに遊びもした、歳の近い従兄弟だが。三百年前の近接(タゲント)の戦でオーリンの父が戦死して、王位を継いでから、オーリンは少し遠い存在になった。王妹ラローゼが王が命じた任務を捨てて王宮を去ってからは、ことさらに近寄りがたくなったようにも思える。
 父の返答に、シェーヌは頬をふくらませた。王さまのことを、そんな風に言うんだったら、海の竜のことは教えてあげない、と、シェーヌは思う。とっても、とっても、きれいだったんだから。
「ね、王さまは、近接(タゲント)の巫女を決める人?」
「決める、というか。……巫女になれる者はあまりいないからな。有格の者に、役を果たせと命じることはあるらしいが」
「そう、なんだ」
 シェーヌは、王の姿を目で追う。
 王は、入道雲の周りで踊る数十の風霊(ウィデク)たちの、中心にいた。風霊(ウィデク)たちは、音をたてて吹き荒れる風に乗りながら、風を喰らい踊っていた。ある者は弦を張った楽器をつまびき、ある者は歌う。アスワードでは、嵐が人の街を破壊することはほとんどない。嵐は、世界中の風霊(ウィデク)が集まって食ってしまうから。
「シェーヌも、風を食べに行っていい?」
「シェーヌは、大きくなったらな」
 制御力がないことをいま目のあたりにしたばかり。やはりこの子に、風の荒れる入道雲の中で存分に風を食べさせるのは、早すぎるようだ、と思う。
「あんなにきれいに、踊れるようになったら?」
「そうだな」
 そのころには、この子も自分の力を御せるようになっているのだろうか。センティスはひそかにため息をついた。
 風が喰われ嵐の音はだいぶん弱まった。風霊(ウィデク)たちは満腹の表情だ。それを見回して、王が、
「雨を望む者は?」
 と声を放った。「フェキの山麓に」「トキホあたりの森に」口々に風霊(ウィデク)たちが答える。だいたいは親しい樹霊(ジェク)の棲まう地である。
 王は、軽い仕草で、印を結ぶと、すっと、振った。
 もくもくとした厚みの裾に黒い影をはらんでいた雲が、淡く白く薄い布を延べるように伸びて、水平線の彼方へ消えてゆく。風霊(ウィデク)たちが望んだ場所、数百kmの空の彼方に、柔らかな雨を降らせる程度の雲が、送り届けられるのだ。
精霊(ア=セク)に栄えあらんことを」
 王の儀礼的な挨拶のあと、風霊(ウィデク)たちはてんでに遠翔(テレフ)で去っていく。
「すごーいね!」
 雲が駆け去る光景を見て興奮さめやらぬらしい娘に、センティスは小さく肩をすくめた。
「うん、まぁ、な」
 先代の王は、こういうとき、王妃に雲で空に文様を描かせ、それを王の力で広げていった。もっとずっと派手やかで、美しい儀式だったのだ。オーリンは、必要なところに必要な雲を届けるだけ。地味というか、堅物というか。「王は王位をお楽しみにならぬ」と先代の王を知る者たちからは、眉をひそめられる。色恋を重んじる風霊(ウィデク)たちの中には、三百年近い治世を孤閨で過ごしたオーリンを、「理解しがたい」と断言する者もあった。
「うん、まぁ、后がいらっしゃらないから、かな」
 小さく独り言をいったセンティスは、
「じゃあ、シェーヌがお后さまになる!」
 という娘の答えに、そのときは吹き出した。
「シェーヌがお后さまになればいいと思わない?」
 あまりしつこく同じことをいう娘に根負けしたセンティスが、だめでもともと、と、とオーリンに娘を勧めてみるのは、この少し後のことである。
Comment Please!
  ※コメントタイトルでネタバレしないでください。
  ※コメント本文ネタバレ可。
Secre

TOP

Comments for this article...

COMMENT
TOP

What's New (Comments)



















































COMMENT
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。